大宜味村役場からのお知らせ

世界自然遺産 IUCN勧告を受けて 村長コメント

5月10日、世界自然遺産の評価を行う世界遺産委員会の諮問機関(IUCN)から、本村を含む、「やんばる地域(国頭村・大宜味村・東村)、西表島、奄美大島、徳之島」の豊かな自然環境の価値が認められ、世界自然遺産一覧への「記載」が適当であると勧告されたことについて、とてもうれしく思います。

村民と、これまでこの取組に関わってきました関係各位と連携を更に深めながら、7月に開催が予定されています第44回世界遺産委員会におきまして、正式に登録されることを期待したいと思います。

 

令和3年5月11日  

大宜味村長 宮城 功光