12市町村へのお知らせ

沖縄県内麻しん(はしか)警戒最高レベル

沖縄県内で麻しんの感染が警戒最高レベルの3に引き上げられました。麻しんは感染力が強く、特に小児が感染すると、高熱とともに肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症を起こすことがあり、人命にも関わる重大な感染症です。麻しんの拡大防止について皆様のご理解ご協力をお願いします。

 ※麻しんに感染しないためにはワクチンの接種が重要です。麻しんに感染しないために早めのワクチン接種を!!

定期予防接種対象(第1期:1歳、第2期:小学校入学前)の方は早めに予防接種(MRワクチン)を受けましょう。

 定期予防接種対象以降でも、以下に該当しない方はMRワクチンを受けましょう。
〇母子手帳などでワクチンを2回以上受けた記録がある。
〇過去に麻しんにかかったことが確実である(検査で確認されたことがある)

 また、高熱や発疹などの症状が現れた場合は、必ず事前に医療機関に「麻しんかもしれない」ことを連絡のうえ、医療機関の指示に従い受診しましょう。

沖縄の麻疹流行注意喚起 資料はこちらから