名護市からのお知らせ

介護予防・日常生活支援総合事業について

2025年には団塊の世代が75歳を迎え、単身高齢者世帯や高齢者夫婦のみ世帯、認知症高齢者の増加が予想されるなか、高齢者の多様な生活支援ニーズを地域全体で支えることを目的として、介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という)が市の事業として位置づけられました。

名護市では、平成28年3月から総合事業を実施しています。

※名護市は国が定める介護予防・日常生活支援事業単位数等サービスコード表(平成29年4月施行版)を用いています。

関連ページはこちらから