名護市からのお知らせ

平成30年3月から適用する新労務単価及び新技術者単価の運用に係る特例措置等について

平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価(以下「新労務単価」)という。)及び平成30年度設計業務委託等技術者単価(以下「新技術者単価」という。)が決定・公表されたことから、平成30年3月1日以降に入札予算執行伺いの手続を開始する工事及び建設コンサルタント業務等から適用することになりました。
 当該決定に伴い、名護市では、特例措置の適用及びインフレスライド条項の適用について、国及び県が定めている新労務単価及び新技術者単価の運用に係る特例措置の適用及びインフレスライド条項の適用に準じて取り扱うこととしたのでお知らせします。

詳細については、下記のリンク先の資料をご確認ください。

関連ページはこちらから