名護市からのお知らせ

第三者行為(交通事故等)で介護保険サービスを受ける時は届け出が必要になります

介護保険の被保険者は、交通事故などの第三者行為によって状態が悪化した場合でも介護保険サービスを受けることができます。ただし、介護保険サービスの提供にかかった費用は加害者が負担するのが原則で、市が一時的に立て替えた後で加害者へ請求することになります。

 市が払った介護給付が第三者行為によるものか把握する必要があるため、介護保険の第1号保険者が、交通事故等の第三者行為を起因として介護保険サービスを受けた場合は、平成28年4月1日から届け出が必要となりました。

 交通事故等で第三者(加害者)から被害を受けたことが原因で、介護認定や介護保険サービスが必要となった場合は、手続きが必要となりますので、市役所窓口や相談機関等へ申し出て下さい。

 なお、示談を済まされている場合はその内容により求償が困難になる場合がありますので、示談前にご連絡をお願いいたします。

詳しくはこちらまで