名護市からのお知らせ

選挙権年齢の引き下げについて(名護市選挙管理委員会)

平成28年7月10日(日)執行予定の第24回参議院議員通常選挙から、18歳、19歳の人も新たな有権者として投票ができます。18歳、19歳をはじめとする、若者の力を社会へ反映させましょう。若者の投票率が低くなると、若者に向けた政策が実現しにくくなったり、実現するのに時間を要したりする可能性があります。

進学や就職で引っ越したら、住民票を移しましょう。

選挙で投票するためには、選挙権を有しているだけでなく、選挙人名簿に登録されていることが必要です。選挙人名簿への登録は住民票がある自治体で行われます。実家を離れる際には、引っ越し先の自治体への住民票の届出が必要となります。

詳細ページはこちらから