名護市役所からのお知らせ

特別定額給付金(10万円給付金)に関するお知らせ 

特別定額給付金とは

  緊急事態宣言の下、医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服するため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うことを目的に実施されます。

 

給付対象者

  給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、名護市の住民基本台帳に記録されている方です。
  ※給付対象者の属する世帯の世帯主が受給権者として請求します。

 

給付額

  給付対象者1人につき10万円(1回限り) 

 

給付金の申請と給付の方法

   感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)及び(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。
  ※口座を開設できないなどのやむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付を行います。

(1) 郵送申請方式
  世帯主(受給権者)あてに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座が確認できる書類(口座番号・口座名義人が分かる通帳、キャッシュカードの写し)と本人確認書類の写しを郵送により提出します。

(2) オンライン申請方式(マイナンバーカードをお持ちの方が利用可能です)
  マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面において、振込先口座等を入力した上で、振込先口座が確認できる書類(口座番号・口座名義人が分かる通帳、キャッシュカードの写し)の画像ファイルをアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)することも可能です。

 

受付開始日

(1) 郵送申請方式

郵送申請方式については、5月21日から順次各世帯に郵送いたします。

(2) オンライン申請方式

   オンライン申請を5月8日から受付を開始しました。詳細はこちらをご覧ください。

【オンライン申請における注意点】
 オンライン申請にあたって、次のようなことが少なからず見受けられます。

  ① 世帯主以外が申請している。
  ② 1つの申請で2つの世帯分を申請している。
  ③ 世帯員の漏れがある。
  ④ 添付書類の不備
   口座情報が確認できない画像データを添付している。※口座番号、口座名義、金融機関名、支店名の4つの情報が確実に確認できるものを添付してください。

 ①~③のケースについては、再申請していただくこととなります。④のケースについては、場合によっては再申請となることもあり、その分だけ支給が遅れることとなります。
 スムーズな給付のためにも上記のことがないようご協力をお願いします。

 

給付金の支給について

 郵送申請方式、オンライン申請方式ともに、申請後(市役所に到達)から概ね2~3週間後に指定された口座に給付金を振り込みます。

【ご注意】
  添付書類に不備があった場合は、内容確認のために作業が中断することや、場合によっては再申請していただくこともあり、その分だけ振込みが遅れることになります。
  スムーズな給付のためにも書類不備がないようご協力をお願いいたします。

 

制度に関する問合せ先

 特別定額給付金に関するお問い合わせは、総務省が専用のコールセンターを開設していますので、下記にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

 総務省コールセンター

  電話番号:0120-260020(フリーダイヤル)

  応対時間:9:00~18:30

 総務省ホームページ(外部サイト)によくあるQ&Aが掲載されていますので、こちらもご覧ください。

 

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ至急のお知らせ

 

※詐欺被害の防止※

給付金を装った詐欺にご注意ください!

市区町村や総務省が現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません

市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振り込みを求めることは、絶対にありません

ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))にご連絡ください。

 

 お問い合わせは

 特別定額給付金事業プロジェクトチーム(内線350)