名護市役所からのお知らせ

令和元年秋の全国交通安全運動の実施について

 沖縄県警察本部交通部交通機動隊及び西日本高速道路株式会社九州支社沖縄高速道路事務所では、
高速道路を利用される全ての皆様が安全で快適に利用できる交通環境を確立するため、交通指導取締
や落下物の迅速な排除、交通事故・故障車発生時の交通誘導などを行っております。
 残念ながら高速道路では、年間約60件の落下物に起因する事故が発生しています。事故の誘因とな
っているのが、脚立、角材、ベニヤ板などの建築資材のほか、自動車部品や家庭用品など、多種多様
の落下物であり、その対策が急務となっております。
 また、高速道路でのエンジントラブルやパンク等の故障車も多く、昨年度のパンクの台数が、約800
台あります。幸いパンクによる重大事故の発生はないものの、タイヤのバーストは重大事故に発展する
おそれがあります。
 その他、重大事故に直結する逆走やあおり運転、自分自身の身を守るシートベルトの全席着用など、
高速道路での交通安全対策に、御理解と御協力をお願いいたします。

 

〇出発前に積荷をチェック!
・沖縄自動車道では、建築資材や家庭用品など多種多様の落下物が多く、交通事故の原因となっています。
・積荷は、運転者の責任でシートをかけ、ロープでしっかり固定しましょう。


〇出発前に車をチェック!
・沖縄自動車道では、タイヤ破損やエンジントラブルが原因の事故が多発しています。
・故障の大半が基本的な点検で防げます。燃料、タイヤ、オイルなどの点検を忘れずに!


〇命を守るシートベルト!
・シートベルトは、衝突時にハンドルやフロントガラスに胸や頭をぶつける二次衝突や車外に投げ出される
 危険性を一定の範囲で防止する効果があります。
・高速道路では、後部座席を含め全席シートベルト着用が義務となっています。


〇あおり運転はやめましょう!
・前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する「あおり運転」は、重大な事故につながる悪
 質、危険な行為で、車間距離保持義務違反などの交通違反になります。
・危険な運転者に追われるなどした場合は、SAやPAなど交通事故に遭わない場所に避難してから、ためら
 うことなく警察に110番通報してください。


〇逆走は命にかかわる危険行為!
・逆走してしまったときは、安全な場所に停車、ハザードランプを点灯して避難し、110番通報してください。
・逆走車を見かけたら、110番や#9910で通報してください。

 

  沖縄県警察本部交通部交通機動隊・西日本高速道路株式会社九州支社沖縄高速道路事務所

kousokudouroanzentaisaku[PDF,2.26MB]