• 名桜大学
  • アイズ・ムービー
  • りっかりっかやんばる
  • 沖縄北部観光情報 コミュニケーションサイト



ENTRO Blow glass studio



名護にガラス工房とタパス料理がコラボしたお店がOPENしたよ。

そのような情報を知人から聞き、ふとインターネットで調べてみると…驚きました。いつも見慣れたお土産の定番のガラスとは一味違う、とても繊細で、細かなデザインのガラス達。素人目で見ても、思わず「凄い!可愛い!」と声が出るほど。 今回、名護市で『吹きガラス』 を製作する工房へお邪魔しました。
 





ガラス細工を始めたきっかけ



名護市宮里に工房「Entro Blow glass studio」を構える
名護市出身の比嘉奈津子さん。
natsukosan_1.jpg
『Entro』とはスペイン語で『入る・繋がる』という意味。
「繋がるというのは、『初めまして』から、始まります。新しく何かを始める時の、高鳴りと不安。でも、扉を開けない事には何も始まらない。少し勇気を出して、その扉を開け、入ってしまおう!という想いでつけました。そういう『初まり』から起こる繋がりを大事にし、繋げたい。」とはにかみながらお話をする奈津子さん。「ガラスには可能性が無限にあります。地元の名護で見たことのないガラスの世界をみんなに見せたい。」という想いがきっかけで作家への道へと進んだそうです。
その後、倉敷にあるガラスの大学へと進み卒業後には、照明などのインテリア制作の幅を広げるため、インテリアと色彩を学び、仕事をこなしながらも『吹きガラス』に携わり過ごしてきました。 神奈川の「伊藤 賢治」氏にご指導をいただき、あらゆる技法・技術を身につけ、ここ地元名護市で『ENTRO Blow glass studio』をOPENしました。
 

制作するうえで一番印象に残っていること


          ガラスを選ぶ楽しみ、喜びを伝えたい


作品を作るうえで一番印象に残ったことは、お客さんからのリクエストによる緊張感だと言います。
「お客様の納期や、リクエストに応えるという緊張感は物凄いですが、人の思い出に携わり、想いをを形にしていくことが何よりの喜びです」と目を輝かせながら話す奈津子さんに思わずわたしも引き込まれます。
「沖縄の人には、ガラスもデザインは多種多様で選べる楽しみ、喜びを伝えたい」とここ地元での活動にも力を入れています。奈津子さんが取り扱うガラスの色は約200~300色。最近では、フェアなどで奈津子さんの作品に対し琉球ガラスの職人さん達にも目にかけてもらうことがあり、「質問などされた時はとても嬉しいです」とお話を聞かせて頂きました。
   
   



ENTRO photos









◆吹きガラス講座(2万1千円/4回)
(水①19時~20時半)(木②19時~20時半)
(金③10時~20時半)(④18時~19時半)
・ビギナー、プロによって内容を変更しています。
※対象年齢小学校3年生くらい~
◆レンタルスタジオ1h/2500円)
月①10時~14時 ②14時半~18時半
木③11時~15時 ④ 15時半~19時半
土⑤11時~15時半
日⑥11時~15時半
*引出物、記念品、贈答品、トロフィー、インテリア照明、スペースデザインフラワーベースなど制作や、修理も行っています。
【Website】
http://entro-glass.jimdo.com/
【FaceBook】
https://www.facebook.com/entroglass

お問い合わせは下記のアドレスまで
entro@i.softbank.jp
 
   

ENTRO スープ&タパス



  
E
NTRO glass studioの比嘉奈津子さんの作品を見ることが出来るのが、
ここ名護市為又にある『ENTROスープ&タパス』

    店長の比嘉大陸さんは、東京で料理の修業を重ね、店長兼シェフとして経験を積んできました。高校の同級生である奈津子さんと出会い、「ガラス」と「飲食」をコラボレーションしたお店が出来ないかと試行錯誤し、今年8月にここ地元名護市で『ENTROスープ&タパス店』をOPENしました。

おはしで洋食を食べよう

 「タパス」とはスペインの人々の生活に欠かせない居酒屋兼軽食堂、バル(bar)で供される小皿料理の総称で「洋食を気軽におはしで食べてもらいたい」という想いを込めたそう。
「スープ」にもなにか思い入れがあるのか尋ねると「僕自身、スープが好きなんです。スープというシンプルな料理だからこそこだわりがある。」と話してくれる大陸さん。驚いたことについ先ほど出来たというメニューのレシピを見せてくれました。レシピを教えてもいいんですか?と尋ねると、「むしろどんどん聞いて欲しいです笑 地元の良い食材はもちろん、手軽に入る食材も活用した、地元の人の口に合うようにメニューを考案してるんです」と笑顔で話す大陸さん。季節の野菜をピックアップし、その日、その季節の食材を活かしたメニューが並ぶEntro。
 
   



店内の様子





店舗情報

月、火、水:ランチのみopen   12:00~17:00
FOOD Last order :16:00

木、金、土:ディナーのみopen 18:00~23:00
FOOD Last order :22:00


定休日
:日曜日

アクセス:沖縄県名護市為又 1220-21
        龍ハイツ 1F
0980-59-6778
 
Facebook: ENTRO スープ&タパス  



ENTRO スープ&タパス店へのアクセスはこちら

 
 

       お気軽にお越しください